今の自分のために、過去を少しだけ受け入れてみる

だいぶお久しぶりです。はるにゃんです。

久々に日記として更新。

 

先日、親友の結婚式に出席しました。

同郷の素敵なお相手を見つけた私の親友。

列席者はそれはそれは圧倒的地元民でした。

 

地元で顔の広いわたしの親友の結婚式ということで、

10年ぶりに同じ高校の子に会いました。

それも、披露宴の席順を見るとわたしの目の前。

 

高校がそんなに好きじゃなかったわたしは、せっかくの親友の結婚式なのにちょっと行くのヤダなーと胸がざわざわしながら出席したんです。

 

心から好きになれなかった高校生活

わたしは最終的に高校を好きになれず卒業しました。

よく仮病を使っては早退し、他校の子と遊んだり、できた彼氏も他校だったしなんとなく自分の高校に愛情がわかなかった。

 

はじめは好きだった高校。けれど、3年の秋頃を機に些細な出来事から卒業に向かってまっしぐらに、まさに尻つぼみに短期間で嫌いになっていきました。

もちろんみんなと騒いだ楽しかった思い出も沢山あるし、好きだった期間のが長いのに。

それにはしっかり蓋をして、そのままあっという間に10年が過ぎ、

高校生活=つまらなかったが頭にすりこまれました。

 

披露宴で目の前に座ったその子は、部類でゆうと昔から大人っぽいお姉さんタイプで、当時のわたしは原宿love!の青文字系。接点も少ないしクラスも違うし、当時何となく恐かった。

 

話してみたら思った以上に普通だった

目の前で会話がないのもなあと、わたしは意を決して話しかけました。

”〇〇ちゃんだよね、久しぶり!”

(分かってるのに再確認。やりがちなやつ。)

 

その後は、高校の頃の話もしたり今の近況を話しました。その時ふと彼女が言ってくれた言葉。

わたし〇〇ちゃん(はるにゃん)のこと結構好きだったんだよ。

お世話でも嬉しく、わたしはそれだけ聞けて満足でした。

 

わたしも好きだったんだよー。なんだったんだこの10年は。無駄にした気分。

わたしはそれを口に出来ました。

思うだけじゃなく、彼女を前に口に出して言えました。

 

それは彼女に向けた言葉でもあり、わたし自信が抱えた高校生活と言う過去に対し発した言葉でもあります。

 

この先連絡を取り合うかはわからないけど、LINE交換しよう!と言ってくれたのもうれしかったです。

 

過去の記憶はすり替えがち

f:id:sunharunyan:20170530120412j:plain

 

嫌な記憶も良かった記憶も、人って多少なりとも誇張してないだろうか?と思うんです。

 

傷はより深く、幸せはより幸福度を増して。

 

誇張されることはいいのか悪いのかわかりません。

けど、どうしたって過去は変えられないからとらわれ過ぎても辛いだけなんだと思いました。

 

過去をちょっと受け入れられた、それだけで充分なんだなと。

昔のことを今更好きになる必要もないし、あえて嫌うのも時間の無駄で。’ああそういうこともあったね。’それだけ思えればいいんだと思えた1日。

 

 

それにしてもあたたかい幸せな式でした。

年甲斐もなくブライズメイドもしました。実は3度目。

そして最後のブライズメイド。

 

本来そういうのに乗り気じゃないけど、わたし以上にキラキラ系の親友たちに混ざり彼女たちの結婚式のたびにブライズメイドをしてきました。

内心いやいや務めてきたブライズメイドも、いつかおばさんになった時には20代でしかできなかったいい経験となることでしょう...