今の自分のために、過去を少しだけ受け入れてみる

だいぶお久しぶりです。はるにゃんです。

久々に日記として更新。

 

先日、親友の結婚式に出席しました。

同郷の素敵なお相手を見つけた私の親友。

列席者はそれはそれは圧倒的地元民でした。

 

地元で顔の広いわたしの親友の結婚式ということで、

10年ぶりに同じ高校の子に会いました。

それも、披露宴の席順を見るとわたしの目の前。

 

高校がそんなに好きじゃなかったわたしは、せっかくの親友の結婚式なのにちょっと行くのヤダなーと胸がざわざわしながら出席したんです。

 

心から好きになれなかった高校生活

わたしは最終的に高校を好きになれず卒業しました。

よく仮病を使っては早退し、他校の子と遊んだり、できた彼氏も他校だったしなんとなく自分の高校に愛情がわかなかった。

 

はじめは好きだった高校。けれど、3年の秋頃を機に些細な出来事から卒業に向かってまっしぐらに、まさに尻つぼみに短期間で嫌いになっていきました。

もちろんみんなと騒いだ楽しかった思い出も沢山あるし、好きだった期間のが長いのに。

それにはしっかり蓋をして、そのままあっという間に10年が過ぎ、

高校生活=つまらなかったが頭にすりこまれました。

 

披露宴で目の前に座ったその子は、部類でゆうと昔から大人っぽいお姉さんタイプで、当時のわたしは原宿love!の青文字系。接点も少ないしクラスも違うし、当時何となく恐かった。

 

話してみたら思った以上に普通だった

目の前で会話がないのもなあと、わたしは意を決して話しかけました。

”〇〇ちゃんだよね、久しぶり!”

(分かってるのに再確認。やりがちなやつ。)

 

その後は、高校の頃の話もしたり今の近況を話しました。その時ふと彼女が言ってくれた言葉。

わたし〇〇ちゃん(はるにゃん)のこと結構好きだったんだよ。

お世話でも嬉しく、わたしはそれだけ聞けて満足でした。

 

わたしも好きだったんだよー。なんだったんだこの10年は。無駄にした気分。

わたしはそれを口に出来ました。

思うだけじゃなく、彼女を前に口に出して言えました。

 

それは彼女に向けた言葉でもあり、わたし自信が抱えた高校生活と言う過去に対し発した言葉でもあります。

 

この先連絡を取り合うかはわからないけど、LINE交換しよう!と言ってくれたのもうれしかったです。

 

過去の記憶はすり替えがち

f:id:sunharunyan:20170530120412j:plain

 

嫌な記憶も良かった記憶も、人って多少なりとも誇張してないだろうか?と思うんです。

 

傷はより深く、幸せはより幸福度を増して。

 

誇張されることはいいのか悪いのかわかりません。

けど、どうしたって過去は変えられないからとらわれ過ぎても辛いだけなんだと思いました。

 

過去をちょっと受け入れられた、それだけで充分なんだなと。

昔のことを今更好きになる必要もないし、あえて嫌うのも時間の無駄で。’ああそういうこともあったね。’それだけ思えればいいんだと思えた1日。

 

 

それにしてもあたたかい幸せな式でした。

年甲斐もなくブライズメイドもしました。実は3度目。

そして最後のブライズメイド。

 

本来そういうのに乗り気じゃないけど、わたし以上にキラキラ系の親友たちに混ざり彼女たちの結婚式のたびにブライズメイドをしてきました。

内心いやいや務めてきたブライズメイドも、いつかおばさんになった時には20代でしかできなかったいい経験となることでしょう...

 

 

 

【経験者レポ】金谷って第二のディズニーかもよ?

こんにちは。はるにゃんです。

 

わたし、千葉県金谷で田舎フリーランス養成講座というものに一カ月参加しました。

 

ここから先、人生どうやって生きてくかな~…と悩みだしたのは去年の秋口。

 

フリーランス”という生き方に興味を持ち始め、何気なく

『田舎  フリーランス』でググり、トップで飛び込んできたのがこの養成講座

運命を感じました。

 

半年ほど行きたい気持ちを温め続け、ようやく念願叶って今年の2月金谷に降り立ちました。

 

一ヶ月過ごしてみて、金谷がパラダイスすぎて舞浜に次ぐ第二のディズニーかと錯覚したので魅力をサクッとご紹介します。

 

f:id:sunharunyan:20170417085718j:plain

 

愛すべきキャラクターの嵐

まず、出迎えてくれるのは通称池ちゃん

f:id:sunharunyan:20170417085847j:plain

発足者でありながらめっちゃ優しくみんなを受け入れてくれます。

なおかつ佇まいがだいぶミッキー。

(本人にも伝えているので決して悪口じゃありません。)

それでいて、頭キレキレ。

 

他にも、一緒に人生を考えてくれる講師陣とコミュニティスペースまるもの住人があたたかく迎え入れてくれます。

受講生を含めると紹介しきれないので、この記事では泣く泣く割愛しますが、

ひとりひとりのキャラの濃さ、そしてバックグラウンドの濃さ、個々の魅力がバチバチです。

 

f:id:sunharunyan:20170417085920j:plain

 

これから行く方、行こうと思っている方も

自分には魅力がない。強みがない。自信がない。

なんて思わないで大丈夫ですよ。

ここのみんなが、あなたの良さと強みを存分に引き出してくれるはず。

 

行くと不思議とみんながファミリーになるから

家族愛に飢えてる方にもおすすめ。

 

もちろん、グループ付き合いとかしゃらめんどくせぇぇという方も大丈夫。

みんなフリーランスに興味がある大人なんで個人を尊重しますよ。

それもストレスフリーないいところ。

 

アミューズメント要素を紹介

田舎だからと馬鹿にするなかれ。

鋸山というビックサンダーマウンテンがあり。

f:id:sunharunyan:20170417090134j:plain

 

f:id:sunharunyan:20170417090225j:plain

 

毎日フェリーが行き交うメディテレーニアンハーバーもあり。

f:id:sunharunyan:20170417090441j:plain

 

ごはんもとーっても魅力的。

海が目の前なので新鮮すぎる海鮮系はもちろん、

手頃なラーメン定食系に、女子が興奮するおしゃカフェも!

f:id:sunharunyan:20170417090525j:plain

 

体験型イベントも不定期であります。

ちなみにわたしが住んだ2月の一カ月は、ティピーを立ててみたり

(土台の竹取りで疲労困憊だったのは内緒♥)

f:id:sunharunyan:20170417090643j:plain

 

南房総の海をバックに芝を一面に貼ったり

(こちらゴールデンウィークにキャンプ場になるんだそうな♪)

f:id:sunharunyan:20170417090907j:plain

 

イノシシを捌いて頂きました!

(心臓が弱い方はごめんなさい)

f:id:sunharunyan:20170417090939j:plain

 

毎日何かが起こる。それが金谷。

 

最大の違い

舞浜にある本家は夢と希望しか与えてくれないので閉園した瞬間現実に放り出されますよね?

明日から何を楽しみにしてけばいいんだ!!!というあの一気に現実に放り出される切なさ。

 

 

一方、金谷は夢と希望に加えがっつり現実も与えてくれる。

そこが本家との最大の違いかと。

 

フリーランスになるにあたって夢と希望だけじゃいつか限界がくる。

リアルなフリーランス事情を、この場にいるみんなが包み隠さずシェアしてくれるんです。

 

ちなみにわたしは、ここへ来る前の昨年までは東京⇆埼玉の会社と自宅を毎日往復するだけ、休日は死んだようにyoutube見ながら何時間でもベッドの上で過ごす無趣味のただの無気力な社会人でした。

 

そんなわたしも、いろんな生き方と知識を与えてもらったおかげで、

世の中の見え方がいい意味でかなり変わりました。

 

個人的には青森に拠点を移しまだまだ始まったばかりですが、

夢と希望と現実を与えてくれたおかげで、ここ去った後でも

明日からも楽しく生きていけそう!!!ってなれましたよ。

 

とにかく、毎日こんな幸せでいいんか?と思いたい方は、迷わず行ってみてほしいです。

f:id:sunharunyan:20170417091142j:plain

 

という訳で、金谷は第二のディズニーランドでした。

 

楽しかった思い出とともにゆるく書きましたが、またいつか真面目に養成講座や住人の魅力も語りたいと思います。

【マリッジブルーのあなたに捧ぐ】突然ですが、結婚しました。

f:id:sunharunyan:20170410131836j:plain

こんにちは。女版高田純次のはるにゃんです。

 

突然ですが、2017年3月21日に結婚しました。

 

わたしの口癖に’ゴーゴーゴーゴー!’というものがあるんですが、

まさに、勢いのごとく3.2.1.GOーーーッ!!!!と結婚に至りました。

 

実は、半年間マリッジブルーでした

そんなわたしは、約半年間マリッジブルーでした。

 

・本当に、わたしは結婚したいのか。

・相手はこの人で間違っていないのだろうか。

・一生一緒にいるなんて可能なのか?何十年も...?

・相手の嫌な部分を果たして受け入れられるのだろうか?

・いやいや、こっちが嫌われるんじゃないか?

・ひとり暮らしを謳歌したわたし。人と暮らすなんてできるのか。

 

と、ぐるぐると頭を駆け巡る毎日。

4年間の遠距離恋愛をしてきたわたしは、

自分ひとりの時間が有り余り、そんな自問自答を繰り返していました。

 

そんな気持ちをえぐるように周りからは、

「おめでとう!幸せになってね!」の祝福の声。

泣きたくなるくらいマイナスと不安で押し潰されたんです。

そして、そんな自分にも嫌気がさし自暴自棄でした。

 

婚姻届に判を押しても実感がなかった

そうなんです。

婚姻届を出した3月21日。

あの日から数日間、結婚をしたんだ!という実感はなく、また幸福感もなく、

全てに対して受け入れられていない自分がいました。

 

それに対して身体は正直で、胃がズキズキと痛く、

そして笑顔に力が入りませんでした。

 

マリッジブルーになるまでは、婚姻届を出すとき絶対泣いちゃう!嬉しくて泣いちゃう!と

思っていた感受性豊かなわたしは、思い描いていたそれとの落差が激しく、

正式に姓が変わってもなおマリッジブルーを引きずりました。

 

ゼクシィの付録で女子の憧れでもあるあのピンクのかわいい婚姻届と、

わたしの心のモヤモヤの真逆にあったあの感覚は、きっとこの先も忘れないでしょう。

 

でも大丈夫!全てはマリッジブルーのせい

マリッジブルーのあなたへ。

男性も女性もきっとなり得るマリッジブルーは時間と共に薄れていくことを、

経験した身として伝えます。

 

相手のいけないところしか見えなくなっちゃうんじゃないか?と思っていたけど、

それは、いいところに目を向けていなかっただけ。見るべき場所を間違えてただけ。

 

自分の時間がなくなる恐怖は、24時間を分解し冷静に考えたら、

わたしには自分の時間が8時間近く有ることが分かりました。

そして彼の仕事柄、一週間二週間と家を空けることあります。

その間はどうでしょう?ほぼほぼわたしの時間です。

 

ちょっと離れる期間があることで、自分にも集中できるし、

だからこうしてブログまで始められました。その分相手も大事にできる。

 

そして、一緒にいる時間でも「今これしたいんだ」を素直に口に出せば、

優しく受け入れてくれる相手がそこに居ました。

そうそう、わたしはその優しさが好きだったんだ!と思い返しました。

 

(多少のろけに聞こえるかもしれませんが、

マリッジブルーの時期はこんな些細なことにも気付けなかったんです。

怖いですよね、マリッジブルー。)

 

ただ、この先離婚するかも、何年一緒にいるかもわかりません。

けどそんなことは誰にもわからないんです。

なる時は必然的にそうなる。

だけど、本人にさえ分からない恐怖に怯える必要はない!!と

マリッジブルーのあなたに、今声を大にして言いたい。

 

何事も経験だし、実際に過ごしてみなきゃわからない。

ダメでもそれは人生の経験と糧にきっとなる。

ダメにならなかったら相手を選んだ自分を褒めてあげよう。

 

マリッジブルーを乗り越えた今、わたしの気持ちはフラットです!

 

悩んでいたら相談乗ります。